大腸ポリープ

日帰り大腸ポリープ切除術

ポリープイラスト大腸ポリープには様々な種類があり、良性のものや初期のがん化したもの、今後がん化する恐れのあるものなどがあります。大腸カメラの検査で早期に発見し、切除することで大腸がんを発症するリスクは大きく減らせます。

かつては入院による手術が必要でしたが、内視鏡の進化と出血予防処置の向上などにより、検査の場で安全に切除することが可能です。当クリニックは内視鏡による大腸ポリープの切除を日帰りで行うことのできる体制を整えております。しかし中には日帰り手術を行えないケースもあり、次のような場合は入院による手術などの治療が必要になります。

  • 大腸ポリープが広い範囲に及んでいる
  • 大腸ポリープが粘膜の奥深くまで達している
  • 心臓、肺、腎臓機能が著しく低下している
  • 他の病気などで血液の流れを良くする常用薬の服用を中止できない

大腸ポリープとは

大腸ポリープは大腸にできるイボ状の隆起性の病変の総称です。大きく非腫瘍性・腫瘍性の2つに分けられ、さらに、非腫瘍性のポリープは炎症性と過形成性に、腫瘍性のポリープは腺腫とがんに分かれます。形や大きさは様々で1ミリほどのものから数センチほどのものまで存在します。

原因

肥満食事の欧米化、食物繊維の摂取量の不足といった指摘もありますが、大腸ポリープができるはっきりとした原因は、明確にはわかっていません。大腸がんでは遺伝、加齢(特に40代以降)、高カロリー摂取、肥満、過度のアルコール摂取、喫煙などが原因として挙げられています。

普段から規則正しい生活を送り、定期的に大腸カメラによる検査を受ることは、大腸ポリープや大腸がんの予防上、非常に効果的です。

症状

検査中の様子大腸ポリープも大腸がんも、患者様ご自身で察知できるような自覚症状はほとんどなく、早期発見のために定期的な大腸カメラ検査が欠かせません。

ポリープが肛門近くにできた場合は、便に血が混じったり、粘液のようなものが付着することもあります。また、ポリープが大腸を塞いで腸閉塞になってしまう、ポリープそのものが肛門から飛び出すといったこともありますが、いずれも稀なケースです。

 

大腸ポリープ切除術後の注意事項

検査中イラストポリープの切除は大腸カメラの検査と同時に行えますが、カテゴリーとしては日帰り手術という治療に含まれます。ご帰宅後はできるだけ安静に過ごしてください。

また、検査前日から行なっている食事制限や下剤の服用といった検査準備のため、検査後に脱水症状や低血糖状態になってしまう可能性もあります。医師の許可が出たら、水分や甘いものを十分に摂取して予防しましょう。加えて、数日から1週間ほど運動などにも一部制限があります。

以下で大腸ポリープの切除後の注意事項について簡単にご紹介します。大腸カメラの検査の予定を決める際、丁寧にご説明しながらお仕事や生活に影響しない日程などを考慮させていただきます。

食事

検査当日中はおかゆやうどんなど消化に良いものを食べるようにしてください。翌日からの数日間は普段の食事で構いませんが、唐辛子など刺激の強いメニューや脂っこい食事は避けましょう。

アルコール

切除後1週間は禁酒です。

入浴

翌日から数日間はシャワーを軽く浴びる程度にして、バスタブに浸かるのは控えましょう。

運動

ジョギングやゴルフ、テニス、水泳など腹圧がかかる運動や激しい運動は、切除後、約1週間は控えてください。軽い散歩程度でしたら翌日から可能です。

旅行・出張

切除後、1週間は旅行や出張を控えます。特に飛行機での移動は気圧の変化が大きいため避ける必要があり、万一、出血などが起こった際、遠方では適切な処置が遅れる可能性もあるからです。

治療法

ポリープ切除イラスト大腸ポリープのサイズや形によって切除方法を使い分けます。

ポリペクトミー

輪っか状のワイヤーを内視鏡の先端から出し、茎部分をくびるようにかけて高周波電流で焼切ります。高周波電流を加えずに切除する場合もあります。球形のポリープや茎を持つポリープの切除に使われる治療法です。

内視鏡的粘膜切除術(EMR)

ポリープ下の粘膜下層に内視鏡に附属した注射器で生理食塩水を注入、粘膜ごとポリープを浮せて高周波電流で焼き切る方法です。あまり膨らみのない平坦なポリープや、大きめのポリープを切除する際の治療法です。