便潜血検査

便潜血検査(血便)と大腸内視鏡検査

便潜血検査(血便)と大腸内視鏡検査排便時の出血や血便症状を自覚されている方は、大腸カメラによる検査を受けることをおすすめします。大腸がんは初期の段階ではこれといった自覚症状がありません。最初の自覚症状として挙げられるのが排便時の出血ですが、こうした出血や血便はがん以外にも痔やポリープ、大腸の炎症など様々な原因が考えられます。

そのほか以下のような症状などをお持ちの方も、ぜひ一度ご相談ください。

  • 腹痛が持続する
  • いつも便秘気味
  • 下痢と便秘を繰り返す
  • 残便感がある
  • 便が細くなった
  • 便が黒い
  • 貧血になった
  • 家族に大腸がんになった方がいる

大腸がんとは

国立がん研究センターの「人口動態統計によるがん死亡データ」では、大腸がんは女性のがんによる死亡数の1位となっており、男女合わせた場合でも2位となっているがんです。大きくなると出血、血便、腹痛、下痢、便が細くなる・便秘などの症状が出ます。

早期でまだ小さい段階であれば、切除などの治療も比較的行いやすく、大腸がんは早期発見と予防が何より大切になります。便潜血検査や大腸カメラの検査を定期的に受けることは非常に効果的な対策です。当院では内視鏡を使った日帰りでの大腸ポリープの切除も可能です。

便潜血検査で陽性となった方へ

便潜血検査で陽性となった方へ便検査で引っかかってしまった方は当院へお越しください。検便の検査(便潜血反応)が陽性ですと、大腸ポリープ、大腸がんの可能性や、胃・十二指腸潰瘍による出血が疑われます。

小さなポリープでしたら大腸カメラの検査の際に内視鏡で安全に切除することもできます。

大腸内視鏡検査は早期の大腸がんを発見できる唯一の検査

日帰りでできる 大腸ポリープ切除大腸カメラによる検査は、いち早く病変を確認することができる唯一の大腸がんの検診として実施されています。

便に含まれるわずかな出血を調べられる便潜血検査では、大腸がんだけでなく痔などによる出血でも陽性反応が出ることに加え、上行結腸など便が泥状を呈している部位で出血があったとしても、便潜血検査で陽性にならないケースもあります。

何より早期発見が大切な大腸がんでは、血便が出るような状態にまで進行する前の段階で、大腸カメラによって発見することが大切なのです。

便潜血陽性をいいきっかけに

便潜血陽性をいいきっかけに誰でも簡単に受けられる便潜血反応検査を毎年定期的に行うことが、大腸がんの死亡率の減少につながるといった報告もあります。もし便潜血反応検査の結果が陽性となれば、大腸がんの早期発見に欠かせない検査である大腸カメラの検査を必ず受けることが重要になります。ハイビジョン化した近年の内視鏡は格段に診断能力が向上しており、微細な病変も見逃しません。

大腸がんは腹部のしこりで気付く場合や、下血、粘血便、便秘、下痢、細い便がでるといった、比較的軽い症状をきっかけに発見されることがほとんど。自覚症状がほぼないまま大腸がんは進行してしまいます。

便潜血検査陰性の方へ

大腸がんに限らず、発がんリスクは年齢とともに高まります。早期発見のために当クリニックは、便検査で陽性と指摘された方や不安な自覚症状をお持ちの方だけでなく、発がんの危険性が上昇する40歳をすぎた全ての方へ定期的な大腸カメラ検査をおすすめしております。